まずは下記の国民健康保険料の納入通知書をご覧ください。


実は上記の納入通知書を受けた方の、正規の計算方法での国民健康保険料は、
    でした。

元々の金額から、なんと165,291円もの国民健康保険料の削減に成功したのです。


また、Cさんから国民年金が免除できたとのご報告を受けました!!





そして彼らは一体何をしたかというと、



たったこれだけで上記のような実践結果が得られたんです!
※ 詳細は、後ほど本文にて詳しくご説明します。




あなたは国民健康保険について、以下のようなことを考えていませんか?


また、こんなことも思っていませんか?


あるいは、国民年金について、こんな疑問はありませんか?


もしあなたが一つでも思い当たるのであれば、 だけお時間を下さい。
そして、この手紙を最後まで読んでみて下さい。

この手紙の中で、国保や年金を削減する重要なポイントを紹介しています。
たった3分で、あなたの国保や年金が安くなる可能性だけでも発見できれば・・・
そのような思いで書いておりますので、ぜひご参考にしてみてください。




「何かの間違いでは!?」

6月頃に市役所から届いた、国民健康保険の納税通知書を見て
驚いた方も多いのではないでしょうか?



多くの方がそう感じていることでしょう。


日々の生活を圧迫しかねない国民健康保険料の支払いが少しでも安くなれば・・・
と、思われたことはありませんか?

つまりは、「どうにかして国民健康保険料は安くならないのか?」
ということに尽きるかと思います。


しかし、安心して下さい。

結論から先に言います。



それには、このマニュアルに書いてあるノウハウを実践して頂ければいいのです。

場合によっては、60万円以上も削減になるかもしれません…
今払っている額の半分になるかもしれません…
今払っている額の2/3になるかもしれません…



私がこの手紙をあなたにお届けする理由は、とても単純です。



それだけです。

『家計を削り、無理をしてでも国民健康保険料を払い続ける。』

私は決してそれが悪いというのではありません。
むしろ、すばらしい姿勢だと思います。


ただ、私は、「あなたに少しでも幸せになってほしい」のです。

国民健康保険料の負担を少しでも削減することができれば、
家計はグッと楽になることでしょう。

そして、削減できた分を、貯金や住宅ローンなどに充て、
少しでも今の幸せを増やせるようになればと思います。




まずは、論より証拠。

「国保・年金を大幅削減するノウハウ」を実践した方々の声をご覧下さい。

名古屋  鈴木様(美容室経営)



兵庫県  林様(飲食店)






『社会保障制度とは、セルフサービスである!』

その本当の意味を知らないでいると、損をし続けることになるかもしれません。


社会保障について、税金や保険料などは支払わされているのに、

支払い額に大きな個人差があったり…
受け取れる補償や給付も知らなければもらえない…


こちらに知識がなければ損をしてしまう、そんなことが実に多くあります。


国民健康保険料の支払いを例に挙げると、同じ程度の所得なのに、保険料の支払額が
月額2万円(年間24万円)の人もいれば月額2千円(年間2万4千円)の人もいる
のです。


健康保険の高額療養費制度を例に挙げると、
同じ内容の治療を受けても窓口負担が半額の人もいれば、2倍支払う人もいる。


また、あなたは下記のような手当てがあることを知っていましたか?



これらの手当てや給付金をもらうためには、『申請』する必要があるのです。

つまり、あなた自身が市役所などの行政機関に出向き、申請用紙に記入し、
書類を提出することで、はじめて貰える権利が発生するのです。

では申請しなかったらどうか?

あきらめるしかないのです。


一体これらの原因は何か?

それは、制度に関する知識の差とその活用の仕方にあるのです。


少し前の年金騒動は、まさに国のいい加減さの象徴です。

しっかり保険料をとっておきながら、年金記録が行方不明になってしまい、
将来、年金がもらえない…


税金や保険料の滞納分はしつこく追いかけてくるのに、
納めすぎの分に関しては、連絡さえこない。

国のやることだからと、安心していると、とんでもないことになりかねません。


では、どうすべきか?

我々自身が、知識を身につけて、自己防衛するしかないのです。

社会保障制度はセルフサービスだ、と認識しておく必要があるでしょう。
「全てを国・行政に任せる」なんてことはしてはいけないのです。




法律や制度は、言わば、社会を円滑に動かす道具と言えます。

道具である以上、使い方のうまい人(法律や制度に精通する人)と
ヘタな人(法律や制度をよく知らない人)がいます。


となれば、社会保障制度をうまく使いこなせば・・・。






これが国の姿勢なのです。


国や行政の法律・制度というのは、「知っている人だけが得をする」というものです。

「えっ、そんなこと、知らなかった」と嘆く国民を国は救済してはくれません。

知らなくて不利益を受けぬよう、しっかりとした知識で身を守るしかないのです。




はじめまして。
申し遅れましたが、私は株式会社 OMコンサルティング 一之瀬 隆と申します。

保険や年金に関する分野を専門としており、
これまで350名以上の方々からご相談を受け、
ライフアドバイザーとしてアドバイスをさせて頂いてきました。


経済的弱者が救われない現状や、
『権利の上に眠る者は、保護するに値せず』といった、
知らないものが損をする法律や制度の現状に一石を投じたい、との思いから
このホームページを立ち上げました。




それは今年の6月でした。

私はあるクライアント(以下A)から、相談を受けました。

Aさんは結婚していて、妻・子の3人家族でした。
従業員が6名の年収500万円の自営業者です。

急な相談で悪いね。

大丈夫です。
で、一体どうしましたか?


Aさんの顔からは以前のような元気さはなくなっていました。
一体どうしたんだろう?というのが、
私が最初に思ったことでした。


実は・・・

国民健康保険料が高くて、かなり生活が苦しくなってきてるんだ。
収入は去年よりも特別に上がったわけでもないのに、
去年まではそこまで高くなかった国民健康保険料が、
今年から急に上がっちゃって・・・


去年は毎月約3万円だったのに、今年は急に約5万円・・・
年間にすると60万円って・・・

いろいろとお金もかかるし、その上がった理由もわからないし、
とてもじゃないが、このまま払い続けると、生活が苦しくて・・・


ん・・・?
私はふと思いました。
「なぜAさんは収入が上がったわけでもないのに、国保の支払いが増えたのか?」
国保が上がる原因が何か発生したな。」
そう感じた私は、Aさんに次の点を聞きました。


そんなに急に上がったら大変ですね。
もしかして、去年に
引越したり、子どもが増えたりしていませんか?


えっ?
何も言っていないのに、よくわかったな〜。


私の想像通り、Aさんはそう答えました。
その後、次のようにも続けました。


実は去年まで両親と住んでいたんだけど、
思い切って
新居を住宅ローンで購入してさ。

まあ、住宅ローン控除とかいうやつで税金が安くなるから、
っていうのが、かなりの後押しだったんだけど。
だって、年間20〜30万円も税金が安くなるって言われたら、
かなりの違いだろ?月に2〜3万円も浮くんだから。

さらには一之瀬さんの言う通り、子供も産まれちゃってさ。
これからもっと頑張らなきゃな!って思ってた矢先に・・・

実際、住宅ローン控除や扶養控除が増えて税金が減るはずなんだろ?
なのになんで国保が上がったのかわからないんだよ・・・


そういうことですか・・・。

私は納得しました。
それは私が
国民健康保険の仕組みを知っていたからです。

●なぜ住宅ローン控除があるのに国保が下がらないのか?
●なぜ扶養控除が増えたのに国保が下がらないのか?
●このまま国保が上がったことを我慢しなければならないのか?
●国保を下げることはできないのか?


Aさんが考えているであろうことを頭の中に浮かべながら、
これまで蓄積した知識が巡りました。


確かに、住宅ローン控除や扶養控除が増えて、
税金が下がっていることは間違いありませんよ。

確定申告の時に、住宅ローン控除として納税額が節税できているでしょ?
もちろん、扶養の数も増えたから、その分も。

それと、今年の6月から新しく「住民税」の額も変更になるんですけど、
それもおそらく減っていると思いますよ。

ただ、
国保は「所得税」や「住民税」とは違うんです。
Aさんのような状況だと、上がっちゃうんですよ。


何故なんだい!?

少し詳しく説明したからでしょうか。
Aさんは食い入るように質問してきました。


それもそうですよね。
住宅ローン控除の後押しもあって、家を購入したのに、
国保が上がってしまっては・・・


しかも、月3万円から5万円と、かなりの金額が増額していますから・・・

国保はね、「計算方法」が違うんです。
それで、国保の金額が上がってしまったんですよ。

で、この計算方法をよく見ると、おもしろいことに気付くんです。


私はこれまでの経験上、様々な国保の削減方法を知っていたので、
この話をAさんにしました。


Aさんの場合は「●●を●●にして・・・」って具合にすれば、
国保が下がるんじゃないですか?  
まあ、最終的な判断はAさん次第なんですけど。


えっ・・・?
もうちょっと詳しく教えてくれ!


Aさんが興奮するのはムリもないのかもしれませんね。
なんせ、かなりの負担になっていた「国民健康保険が安くなる」話なんですから。



私はその後、Aさんに具体的なノウハウをいくつか教えました。

その中からAさんは1つの方法を選択し、
見事、国民健康保険を安くすることに成功したのです。

もちろん、全く違法性のない合法的なやり方で。
※ 実は、こうしたやり取りはクライアント様との間で頻繁に行っていることです。



Aさんをはじめ、税金はあまり支払っていなくても、
高額な国民健康保険料を支払っている人は、たくさんいます。

そして、後期高齢者医療制度に伴い、
国民健康保険料の負担は、今後ますます、増加傾向にあります。




あなたは、国民健康保険料を安くするためには、誰に相談しますか?

社会保険・年金のプロ、社会保険労務士ですか?
税金・節税のプロ、税理士ですか?

どちらも正解ですし、どちらも不正解です。

なぜなら、それぞれの強みがあるからです。
また、それぞれの専門家によって得手・不得手があるからです。


私には今日まで、先程ご紹介したAさんとのやり取りのように、
『国民健康保険料を安くするためにはどうしたらいいの?』
というご相談が、これまで何十回、いや何百回と寄せられました。

その度に、私は必死で国民健康保険(あるいは国民年金)の仕組みを学び
また、削減するにはどうしたらいいのか、を研究してきました。

その結果、今では、国民健康保険・国民年金の削減ノウハウに関しては
相当なまでに熟知しています。

もちろん、弊社には、
社会保険や年金に関する専門家の社労士もスタッフにいますので、
スタッフ一同で、知識と経験を蓄積しています。


そこで、完成したのが、ぜひともあなたにご覧頂きたい

『国民健康保険・国民年金の大幅削減マニュアル』(PDF 全101ページ)です。
   





そう思われる方も多いことかと思います。
さらには以下のようなことも考えていませんか?


このような不安は当然ながらあるかもしれません。

でも、大丈夫です。

今回お伝えする方法は、

専門家でない初心者の方でも簡単に
国民健康保険や国民年金をが削減できる、実践的なノウハウ
なのです。


その実践的なノウハウ、


は事例を用いながら紹介しています。

そのご紹介する数々のノウハウのうちには、
「このケースに該当する人は、この手続き行って下さい」と明確に解説しています。

なので、あなたには、ご自身の状況を確認して、
ご紹介する手続きを単純に行って頂くだけなのです。



参考までに、マニュアルの中身をご紹介すると、



さらには、


といった、『国民年金と国民健康保険で大幅削減する合法的ノウハウとは?』
を中心に解説しています。
(※ ご購入者様との公平上、ここでは詳しくご説明できませんが、ご了承下さい。)

なお、ここに挙げたものは、マニュアルのほんの一部にすぎません。



国民健康保険料を下げる前に、まず知っておくべきこと。
それは、「国民健康保険の算出方法」です。

つまり、どのようにしてその金額を提示してきたか、ということです。
これを知っておくことで、国民健康保険が安くなる理由がわかります。

私は上記に紹介したAさんに、
まずは「国保の計算方法がどんなものなのか」、ということから説明しました。

なぜなら、実はこの計算方法を知ることが、とても大事なことだからです。


このページをご覧のあなたも、
きっと国民健康保険料が高くて、気になっていることでしょう。

ですので、国民健康保険料を少しでも下げるために、
まずは、この計算方法だけでも知っておいて下さい。

ただし、覚えて頂かなくてもけっこうです。

このページを「お気に入り」に登録して、
気になった時に見返して頂くだけでもかまいません。

国保を下げるためにも、ぜひ見ておいて下さい。


それではいきましょう。




国民健康保険の算出方法は、実は全ての市区町村において異なります。

「おい!いきなり話が違うじゃないか!」

そう思わないで下さい。
算出方法は違うといっても、少しだけです。
基本は変わりませんので、安心して下さい。


国民健康保険料は、次の4つで決まります。

※ ややこしくなるため医療分と後期高齢者支援金分を分けていません。
 (分けなくても特には問題ありません。)

その4つとは、



です。

それらを足し合わせた合計が国民健康保険料となります。

つまりは、

国民健康保険料=【所得割】+【平等割】+【均等割】+【資産割】

になるのです。


「は・・・?」

専門用語を使うと、そうなりますよね。

ですので、それぞれを噛み砕いて説明します。
(厳密には少し違いますが、とにかくわかりやすく書きます。)




 「去年の1〜12月に稼いだ額に対して●●円」というものです。
 「去年の1〜12月に稼いだ額」というのは、総所得金額等をいいます。




 「一家族につき●●円」というものです。




 「一人につき●●円」というものです。
 家族が3人いると、●●円×3人となります。
 国民健康保険加入者の数です。
 社会保険に入っている家族がいれば、その方は除きます。




 「もっている固定資産に対して●●円」というものです。
 ただし、賃貸の場合は関係ありません。
 また、市区町村によってない場合もあります。


以上です。


繰り返しますが、覚えて頂かなくてもけっこうです。
「国民健康保険料の計算には、4つの項目があるのかぁ」程度でかまいません。


それでは、参考までに具体例を挙げておきます。

弊社所在の大阪府で考えてみましょう。
(違う点は、見ていただければ分かるかと思います。)

夫・妻(夫婦ともに40歳未満)・子2人の4人家族
去年の稼ぎは年間400万円(給与所得控除金額は134万円)とします。

大阪市豊中市を例にしてみます。


まずは大阪市です。


 @ 400万円−134万円−33万円=233万円
 A @×10.5%=244,650円


 44,851円


 25,872円×4人=103,488円


 +  +  =392,989円

(月平均33,000円弱)になります。

※ 大阪市は、資産割がありません。


一方、豊中市はどうでしょうか?


 @ 400万円−134万円−33万円=233万円
 A @×10.18%=237,194円


 27,667円


 38,309円×4人=153,236円


 +  +  =418,097円

(月平均35,000円弱)になります。

※ 豊中市は、資産割がありません。


いかがでしょうか?

【所得割】の税率や、【平等割】【均等割】のベースの金額が
それぞれ異なっていますが、算式は特には変わっていません。

このベース金額や税率が各市区町村によって異なるために、
各市区町村で国民健康保険料に違いが出てくるのです。


ちなみに、40歳以上になれば、ここに介護保険というものも加算されます。


さらに、国民健康保険には、不思議な「上限額」が設定されています。
(大阪市であれば69万円、豊中市であれば、68万円といったように。)

ですので、たとえ大阪市で1千万円稼いでも、1億円稼いでも、
国保は69万円で済んでしまうのです。

おおよそですが、600万円稼いだ人でも最大の69万円ぐらいになります。
ということはですよ、その占める割合と言えば・・・

600万円⇒11.5%
1千万円 ⇒6.9%
1億円  ⇒0.69%・・・

本当はかなりおかしなこの計算方法、
まさに、『収入が多い人が優遇される仕組み』と言えるでしょう。

しかし、このおかしな計算方法を逆手に取れば・・・


そのためにも、この計算式に着目して下さい。


例えば、【平等割】と「上限」を使用した方法

【平等割】とは、先程も書きましたが「一世帯に対して●●円」というものです。

ということは、
世帯を同じにすることができれば、何も2倍払わなくても済む
ということです。

そして、上限がある以上、それ以上は払わなくてもいいということです。

手続きは、役所に行って書類を1つ提出するだけです。

ここではさらっと書いていますが、人によりこれで実際に数十万円節税できます。


たったこれだけ?

と思うかもしれませんが、本当にこれで数十万円も削減できることもあるのです。

※ これは当マニュアルで紹介する数々のノウハウのたった1つにすぎません。



この数年をみても、国民健康保険料に関するご相談は非常に多く寄せられます。

そこで、私は再確認しました。

世の中に多くの人が、国民健康保険や国民年金の支払いに困っているという事実を。
そして、私がその方法を伝えられることができるのではないかということを。

そのために、「まずは直近で証明する必要がある」そう思った私は、
まずはある1人のクライアント様に弊社マニュアルを実践してもらいました。

それが下記のBさんです。

Bさんは豊中市在住の30歳(独身)です。
年収は額面240万円(月平均20万円。給与所得控除は90万円=所得150万円)です。

そのBさんの国民健康保険料は一体いくらなのでしょうか?

元々の金額はと言えば、計算式にあてはめてみると・・・


 @ 240万円−90万円−33万円=117万円
 A @×10.18%=119,106円


 27,667円


 38,309円×1人=38,309円

ですので、
 +  +  =185,082円

になります(月平均15,423円)



Bさんからの最初の一言はこれでした。


そこで、私はこのマニュアルを渡し、実践してもらうようにお願いしました。

そして結果はどうなったのか?

下記に改訂後の納入通知書を載せておきます。
(※ 個人情報保護のため、一部画像処理をしております。)



なんと年間19,791円です(月平均はたったの1,649円)

そもそもの金額から、なんと165,291円もの国民健康保険料の削減に成功しました。


しかも、国民年金についても、マニュアルを実践して頂き、
その結果、支払わなくてよくなりました。


もちろん、支払わない分は、将来の受給は少なくなりますが、
まずは「今」を大切にしないといけませんから。


いかがですか?

Bさんが実践した内容は、マニュアルをご覧頂いて、その内容を実践しただけです。

Bさんの事例は、決して偶然ではなく、
制度をしっかりと利用したあるノウハウを実施すると、
法律上、国民健康保険料の削減が可能となるのです。

なので、Bさんのようなケースに該当すれば、
あなたも、国民健康保険料を大幅に削減することができるのです。




先程も触れましたが、

あなたが高額な国民健康保険や国民年金を少しでも安くするためには
誰にご相談するべきか・・・社会保険労務士、税理士・・・?

正直なところ、国民健康保険や国民年金について詳しい専門家はほとんどいません。

それに、実際、こうした先生に相談するとなると、
1回あたり2万円程度の相談料を取られることはよくあります。

しかも結局は安くならないことも・・・


弊社のノウハウ『国民健康保険・国民年金の大幅削減マニュアル』は、

国民健康保険・国民年金・社会保険のルールを組み合わせ
また、税金のルールも加味して、
それぞれの角度から最適な方法を集めた
知識と経験に裏付けされた結晶(ノウハウ)です。


各個人によって、実際に国民健康保険料や国民年金が削減できる金額は様々です。
月1万円安くなる方もいれば、月5万円安くなる方もいます。

これは、各個人個人によって状況が違うでしょうし、
あるいは、各市区町村によって計算の仕方が変わってくる以上、仕方ありません。

しかし、例え上記のBさんのように、月13,000円でも安くなるのであれば、
年間で約15万円も手元に残るのです。

たった1年でもです。

これが5年、10年と続ければどうでしょうか?


このノウハウは今年は使えたが、来年は使えない、といった類のノウハウではございません。

抜本的な制度改革がなければ、この先も毎年使えるものですので、
今あなたが手にすることで、これ以上、損をして欲しくないのです。

毎月2万円、国保が減るだけで、年間24万円も手元に残るのです。
これが、この先何年も続くとなると・・・


今まで国民健康保険料や国民年金を納付する度に、

そう思っていたあなたも、そんな思いから解放されたくありませんか?


我々のノウハウは、少しでも多くの方に、
分かりにくい国民健康保険や国民年金の仕組みを知ってもらい、
少しでも国民健康保険料や国民年金を安くしてもらうために作成しました。

もちろん、法を犯してまで安くしようとは思っていません。

法律や制度に則って、あくまで合法的に安くできるノウハウにしています。
ギリギリラインまで触れていますので、ぜひ参考にしてみて下さい。


それでは、そんなノウハウの数々にどれくらいの価値があるとお考えですか?


通常の直接相談(コンサルティング)であれば、弊社では、
成果報酬として実際の削減額の50%(初年度分のみ)を頂戴しております。
※煩雑さによって異なります。

年間削減額20万円でしたら、10万円、
年間削減額50万円でしたら、25万円です。


私が動く以上、どうしても人件費が発生してしまいますので、
これはどうしようもありません。

金額だけをみれば高く感じるかもしれませんが、
決して高い金額ではありません。

「支払いは今年だけ、減額ノウハウは来年以降も使える」
そう考えると、このノウハウの素晴らしさが分かって頂けるかと思います。

来年以降も同じようにすれば、同様に削減できますから
そういう意味では、初年度だけで済むのです。


そしてこの場合、その方にとって最も有効な方法を抜粋して実践して頂きます。
なぜなら、本当に有効な方法は数ある中から1〜2方法で効果が出るからです。

しかし、この『国民健康保険・国民年金の大幅削減マニュアル』には、
国民健康保険・国民年金の削減ノウハウがぎっしり詰め込まれています。


これは、全ての購入者様に対応できるよう、
今、私が持っている知識をすべて埋め込んだからです。
(当然、マニュアルにはサポートもお付けします。


そう考えれば、1回のコンサルティングにおける
平均的な成果報酬額はおよそ15万円ほどですので、

マニュアルの内容やサポートもお付けするということで、
15万円を頂戴したいところです。


ですが、その金額では、おそらく
あなたに手にしていただけない可能性が高いでしょう。


このような観点から、私たちも、価格を下げる努力をしました。

その大きな価格抑制を実現できるのがノウハウの「マニュアル化」です。


弊社の持つ『国民健康保険料や国民年金の削減ノウハウ』
「マニュアル化」することによって、大幅な時間の削減が可能となります。


後は、購入者様の状況に合わせて、ご自身で、
数々のノウハウの中からご自身に当てはまるものを実践して頂くのみになります。


また、メールサポートをお付けすることで、
もしわからないことがあれば、その時に「メールサポートを活用する」、
という購入者様のバックアップ体制を完備しました。

これにより、あなたの『国民健康保険料や国民年金の削減』の手助けが可能です。


以上のような経緯を経て、当マニュアル価格をなんと、14,800円まで
下げることが可能になりました。

ここまで大きく価格を下げることで、
より多くの方々の手にしてもらえると思ったからこそです。


さらに返金保証までついているのですから、これであなたには、
少しでも安心してマニュアルの実践に取り組んで頂けるかと思います。


ただし、これは弊社としましても、
「理念」を優先し、言わば「利益」を度外視したチャレンジでもあります。

そこで、この14,800円という価格でご購入できる方を
先着100名様限定とさせて下さい。

※ 先着100名様に達し次第、予告なく販売を停止させて頂きますのでご了承下さい。




残念ながら、今回は縁がなかったと思い、このページを閉じて頂いてかまいません。

本当は、あなたにも手にしてほしいのですが、
ずっと考え続けることの時間の方が惜しく感じます。

時間は有限ですから、大切な時間の使い方をして欲しいのです。


いかがでしょうか?

我々からあなたにできることはご提案させて頂きました。


さあ、厳しい今だからこそ、
一緒に『国民健康保険料や国民年金の削減』を実践しましょう!


※ダウンロード版・オンライン通販(冊子版)ともに  全101ページ



>> お電話でのご注文はコチラから <<
(電話注文は土・日・祝日はお休みです)





『手にして頂いたからには、マニュアルを本当に実践する』

なぜこんな約束をしてほしいのか?
あなたはそういうふうに思うのかもしれません。

それは、私がこのノウハウに対して自信があるからです。
あなたの負担が少しでも減るように、充実した内容に作り上げております。

ですので、この約束を守れるのであれば、
あなたの国民健康保険料や国民年金は、きっと削減できるでしょう。

そして削減できた分を、貯金や住宅ローンなどに充て、
少しでも今の幸せを増やせるように活かして下さい。


もしあなたが「本当に実践する」という約束をして頂けるのであれば、
このマニュアルを【数量限定特別価格】14,800円にてお譲りします。

あなたには、販売停止の前に今すぐにでも手にして頂きたい、と思います。




14,800円という金額は、「理念」を優先し、
言わば「利益」を度外視したチャレンジでもあるのですが、

それでもインターネットで情報やノウハウにお金を投資する、といったことに
不安があったり、あるいは、ここまでの話を聞いてもやっぱり実践する自信がない、
などお思いかもしれません。

そこで、以下のようなサポート保証も付け、あなたの幸せを後押しさせて頂きます。

【特典1】充実のバックアップ体制

「役所になんてほとんど行ったことがない・・・」
「健康保険料や年金の仕組みがよく分からない・・・」
「一人では実践する自信がない・・・」

このような悩みを抱えている方も多いかと思います。
そんなあなたのために、メールサポートをお付けしました。

マニュアルご購入後、60日間(回数は無制限)
メールサポートで責任を持ってあなたをバックアップいたします。

弊社では、通常サポートは20,000円/月頂いておりますが
この点、無料にてサポートさせて頂きますので、安心して取り組めるかと思います。

『国民健康保険料を削減する』という性質上、実は
他の所得税や住民税といった税金も安くなることもありえます。

意外なところで節税ができたりしますので、ぜひお気軽にメールをして下さい。

life@om-consult.com までメール下さい。

なお、メールを頂きましたら、営業時間内48時間以内にはご返答いたします。

【特典2】安心の返金保証制度

「本当に国民健康保険料や国民年金が安くなるの?」
「14,800円とはいえ、インターネットでマニュアルを買ったことがない」
「私でも本当に実践できるの?」

もしかしたら、このような思いをもっているかもしれません。

我々は、あなたに
『国民健康保険料や国民年金を少しでも安くしてもらいたい』
その思いでこのマニュアルを作成しました。

ですので、まずは手にしてもらい、
そして実際に行動してもらうことの大切さを知ってほしいのです。

行動に移さないことには、何も変わりません。
安くなるものも安くなりません。

ですので、
返金保証を付けることで、あなたが行動をしてくれることを促したいのです。

このマニュアルを基に行動し、もしも一切
国民健康保険料や国民年金が削減できなかったら、料金を頂くわけにはいきません。

そこで、このマニュアルのノウハウを実践し、もし万が一、
国民健康保険料や国民年金が1円も削減できなければ、
マニュアル巻末添付の「返金依頼書」の必要事項をご記入の上、
購入後60日以内に、弊社までFAXまたは郵送をして下さい。

「返金依頼書」確認後、
5営業日以内にマニュアル代金全額(14,800円)をご返金致します。
(なお、振込手数料はご負担下さいますようご了承下さい。)

※ 記載事項に不備があった場合には、返金処理が遅れることがございますのでご注意下さい。

ただし、何も実践しなかった方に返金申請されても困りますので、
マニュアルを「実践した」証として、

当マニュアルに記載されているノウハウを実践し、
かつ、メールサポートを真面目に3回以上受けたにもかかわらず、
国民健康保険料や国民年金が1円も削減できなかった場合に限らせて頂きます。


【返金手続きの流れ】

1.マニュアル巻末の「返金依頼書」に必要事項をご記入下さい。
2.「返金依頼書」記入後、弊社までFAXまたは郵送にてお願いします。
  ・FAX  06-6772-5523
  ・郵送 〒543-0002 大阪市天王寺区上汐3-3-23-LM201
            (株) OMコンサルティング 担当 一之瀬
3.「返金依頼書」確認後、5営業日以内にご返金致します。


さらに、

【特典3】うれしいキャッシュバック・サービス

「国民健康保険料を●●円削減することができました!」
「貴重な情報、本当にありがとうございました!」

などのご感想を頂ける場合、
御礼としまして2,000円キャッシュバックさせて頂きます。
※ 頂いたご感想は、当ホームページに掲載させて頂くことがございます。

下記1〜4をご用意いただき、
life@om-consult.com までメール、もしくは郵送して下さい。
  ・郵送先 〒543-0002 大阪市天王寺区上汐3-3-23-LM201
           (株) OMコンサルティング 担当 一之瀬

1.あなたの氏名(購入者様)
2.喜びの声(100字〜300字程度、メールまたは手紙)
3.あなたの顔写真画像データ(ご用意できない方は検討いたします。)
4.振込先銀行の口座情報(金融機関名・支店名・預金種類・口座番号)
  ※ 購入者様ご自身の口座情報をお願いします。
    なお、ご感想のメール(手紙)とともに、上記の情報をご連絡頂ければ、
    5営業日以内にお振込みをさせて頂きます。




さらに、あなたには、今回特別に以下のマニュアルもプレゼントします。

これらのマニュアルは、一部有料販売をしており、
また、弊社の有料会員サービスの会員様に配布しているものです。

合計9,600円相当のマニュアルを【特典】としてお受け取り下さい。

【特典4】医療費が半減する『高額療養費制度』活用術(PDF 全17ページ)




【特典5】あなたの税金をゼロにする戦略的実践法(PDF 全24ページ)






以下によくあるご質問を掲載していますので、参考にしてみてください。



Q:国民健康保険料は、本当に安くなるのか?


A:はい。安くなります。

さまざまな方法を活用することで、安くなります。

ここで注意していただきたいことは、
あなた自身が、
・自営業者なのか
・サラリーマンなのか
ということです。
実は国民健康保険料を下げにくいと言われる
サラリーマンでも「ある方法」を使えば、下げられる可能性があります。
多少のお時間がかかるかと思いますが、
あなたにとってプラスになる可能性もあります。

その「ある方法」とは・・・?


Q:国民健康保険料の金額を安くする方法とは?


A:これにはいろいろな方法があります。


それには「国民健康保険の仕組み」を知ることが一番のポイントになります。
あまり書いてしまうと、マニュアル購入者との
区別ができないので控えめにさせてもらいますが・・・
「国民健康保険料」とは一世帯単位で課金されます。
ですので「●●●●●」してしまえば、安くなりますよね。 
といった具合に、様々な視点から解説しています。
※あくまで一例です。


Q:任意継続と国民健康保険、どっちが得?


A:これは人により異なります。


なぜなら、国民健康保険は「昨年の所得」に応じて、決定されるからです。

また、任意継続は最長2年間有効ですが、
国民健康保険は「昨年」の所得を参考に決定します。
ですので、最初国民健康保険が高くて任意継続を選んだとしても、
2年目で所得が下がっていれば、国民健康保険が有利になることもありえるということです。
なお、任意継続は原則2年ですが、「ある方法」を使えば、資格を喪失することが可能です。
※もちろん、その「ある方法」についてもマニュアルでは解説しております。


Q:国民健康保険料は、地域によって、格差があるというのは本当?


A:はい。本当です。


その理由としましては、地域によって計算方法が異なるからです。
※このことは上記文章内にも書いています。


Q:国民健康保険料が払えない場合はどうしたらいいのか?


A:払えないからといって、放っておかないでください。


放っておくことが、一番の問題です。
もしも当サイトを見て気になったが、今現在はお金がないし・・・
購入しようかどうか考えている・・・
そうお思いであれば、見栄をはらずに、お住まいの市区町村に行って相談しましょう。
窓口の方に払えない理由を言えば、何らかの対応をしてくれます。
全く払わないというのは論外ですが、少しなら払えるという姿勢を見せることが重要です。


Q:所得が少ないのに国民健康保険料が高くて困っています。
  何か対策はあるのでしょうか?


A:対策はあります。


弊社マニュアルにはそのような方対策もあります。
そのうちのひとつとして、
国民健康保険には上限があるということを利用した方法を紹介しています。


Q:国民健康保険料を延納している人は、
  毎月どのくらいの保険料の支払いで申請しているのですか?


A:これはまちまちです。


私の経験談でお話させていただくと、
月々2,000円の保険料しか払っていない方もおられました。
一方、月々10,000円の保険料を支払っている方もいます。

ですので、本当にケースバイケースになります。


Q:退職してるのに、なぜこんなに国民健康保険料が高いのですか?


A:国民健康保険とは、前年の所得をベースに計算するからです。


ですので、退職前まで普通に働いていれば、
前年の所得はそれなりの所得になるはずです。
その関係上、どうしても高くなってしまいます。
ここで注目してもらいたい「所得」という言葉。
「所得」というと、「ややこしい」とイメージする方も
おられるかと思いますが、うまく活用すれば、
国民健康保険だけでなく、所得税や住民税も安くなる可能性もあります。


Q:母子家庭で国民健康保険料が高くて払えないんですが、
  何か優遇されないのでしょうか?


A:残念ながら、特に優遇といったものはありません。


しかし、母子医療などの優遇が受けられます。
これは、万が一入院をしても、
医療費の少しの負担と食事代で済む、「最高の保障」です。
私は、これ以上に頼れる医療保障は、他にはないと思っております。


Q:外国人なんですが、国民健康保険に加入しないといけないんですか?


A:はい。


外国人登録をし、日本に長期間住んでいて、
日本で診察を受けるのであれば必要になってきます。


Q:国民健康保険料の計算方法ってどう計算してるのですか?


A:国民健康保険の計算は、前年の所得をベースに計算します。


具体的には各市区町村によってちがうのですが、
下記に大阪市のよくある例を上げておきます。
大阪市の国民健康保険は、
・所得割
・均等割
・平等割
の3つの合計がよくあるパターンです。
※市区町村によっては資産割というものも加算されます。
それぞれについては以下のような計算になります。
・所得割
 →世帯所得×12.6%(介護保険があれば+2.3%)
・均等割
 →25,564円(介護保険があれば+6,534円)×人数
・平等割
 →43,896円(8,279円)
といった感じです。
ちなみに大阪市の限度額は56万円(介護保険があれば+9万円)です。
繰り返しになりますが、各市区町村で計算方法や異なりますので、
各市区町村のHPなどをご覧ください。 


Q:国民健康保険の扶養家族から外されたのですが、なぜでしょうか?


A:正確には国民健康保険には扶養という概念はありません。


というのも、加入者一人一人に均等割というものがかかったり、
加入者個人の所得や固定資産なども、保険料算定の要件になるからです。
外されたというより、社会保険に加入することによって、
外れたのではないでしょうか?


Q:今年、働き始めたのですが、親の扶養から外れてしまうのでしょうか?


A:ここでは国民健康保険についてお話します。


※所得税や住民税の扶養については割愛します。
正確に言うと、国民健康保険には「扶養」という概念が存在しません。
というのも、「世帯毎」に対して課されるからです。
 
もしあなたが働いている会社が社会保険を完備しているのであれば、
そちらに加入したほうがよいでしょう。
(厚生年金にも入れますし、何より半分は会社負担ですので)
その際はきちんと手続きをすることを忘れないでください。
※場合によってはうまく活用することで、国保の削減ができます。


Q:個人事業主ですが、毎月、国民健康保険料を5万円も支払い続けています。
  こんな私でも、保険料が削減できるのでしょうか?


A:はい。ケースによりますが可能です。


申し訳ございませんが、詳しくは購入者様との公平上、ふせておきます。
※詳細は当マニュアルにて紹介させていただきます。


Q:昨年、株式投資でたまたま儲けたおかげで
  国民健康保険料が驚くほど高くなってしまいました。
  節税みたいな、何か対策はありませんか?


A:時々お聞きする話ですが、この場合の節税はできます。


ただし、この節税方法をする前に、
1つだけあなた自身に準備をしていただく必要があります。
とはいえ、非常に簡単ですので、時間をかけずにできます。
その点はご安心ください。
※税金と国保のトータル面での節税が必要です。


Q:国民健康保険料の上限は、いくらなんですか?


A:これに関しては、あなたがお住まいの、各市区町村によって違います。


ですので、各市区町村のHPを参考にしてみてください。
※日本全国微妙に違いますので、ご了承ください。


Q:ずばり国民健康保険料を節約するには、どうすればいいのでしょうか?


A:知識をつけて、実行あるのみです!


このマニュアルには、私が今までに調べ上げた情報の全てを、落としこんでいます。
もちろん、際どい部分にも触れています。
※合法的な範囲内です。
節約や節税は、実行に移したときから効果が出ます。
半年後に始めれば、半年後にしか効果は出ません。
そういう意味では、早めに手を打っておかないと、
どんどん損をしているということになります。


Q:ここ数年ほど保険料は最高上限額の金額を支払っています。
  ほぼ同じ所得の知り合いに保険料が驚くほど安い方がいるのですが
  何か方法があるのでしょうか?


A:もしかすると、その方なりの安くする方法を持っているのかもしれません。


当マニュアルは私が知っている全ての知識を埋め込んでいますので、
おそらくその中のどれかを使っていると思われます。




【注意事項】

このマニュアルは、基本的に自営業・副業をしている方が対象となります。
ですので、下記に該当する方は、国民健康保険の削減が難しい、もしくは、
マニュアル内一部のノウハウに限られますので、その点ご了承下さい。

● 後期高齢者の方

後期高齢者医療制度は、特殊な保険です。
こちらに関しては残念ですが削減方法がありません。


● 社会保険未加入のサラリーマンの方

社会保険未加入のサラリーマンの方は、国民健康保険の削減が難しい、
もしくは、マニュアル内一部のノウハウに限られる対象で節税しにくい目地です。

全く対応していないわけではありませんが、
マニュアル内一部のノウハウが対応しているとお考え下さい。
もちろん、その方法が使えれば、大きな削減になることが期待されるでしょう。


また、十分な収入があり、国保や年金を支払う余裕があるのに、
「はなから払う気がない方」や「支払いを踏み倒そうとお考えの方」は
ご購入をお控え下さい。



我々は、『真面目に誠実に生きていらっしゃる方を全力で支援する』、
のがポリシーです。

国民健康保険料や国民年金の支払いに悩んでいる方のために
心からこの手紙をお贈りしていますので、どうかご理解下さい。




以前に当マニュアルを購入していただいた方からメールを頂いておりますので、
その一部をここで公開させていただきます。
お声を頂いた方々へ、この場をお借りし、改めてお礼を申し上げます。

  40万円近くの削減です!(静岡県 今津様)



  国民健康保険は安くなるものですね!(神奈川県 木坂様)



  保険料・年金が半額以下に!(兵庫県 垣田様)



  国民健康保険料を下げられそうです!(京都府 池内様)



  国民健康保険料を削減するノウハウ(福岡県 石本様)



  3分の1ほどに削減できました!(和歌山県 ●●様)



※ご本人の都合上、名前は伏せています。




※ダウンロード版・オンライン通販(冊子版)ともに  全101ページ



>> お電話でのご注文はコチラから <<
(電話注文は土・日・祝日はお休みです)






「国民健康保険・国民年金が安くなることはすごく気になる・・・
 でもやっぱりネットでマニュアルを購入するのは・・・」


そうお思いの方もいることかと思います。

ですので、国民健康保険料の削減ノウハウの中から、選りすぐったノウハウを、
あなただけに、まずは無料で手にしていただければと思います。

無料だからと言って、侮らないでくださいね。
真剣に作成していますので、きっとあなたのお役に立つはずです。

特に個人事業主の方や、最近副業を始められた方にとって、
お役に立てるはずです。

もしその無料マニュアルを手にしたい方は、下記からメールアドレス登録していただければ、
すぐにマニュアルをお渡しします。

申込情報の記入はこちらにお願いします。
お名前(名字だけで結構です)
E-Mail
※Yahooなどのフリーアドレス
では届かない場合もあります。

プロバイダーメールアドレスを記入されましたか?



最後までお読み頂き、誠にありがとうございました。


この手紙をお届けした目的は、ズバリ

『国民健康保険料・国民年金を削減すること』です。


我々は、経済的弱者が救われない現状や、『権利の上に眠る者は、保護するに値せず』
といった、知らないものが損をする法律や制度の現状に一石を投じたい、との思いから
このマニュアルを世に出しました。

今まで、国民健康保険に対する知識がほとんどなかったために、
どうすることもできず、高い保険料を払い続けたあなた。

しかし、国民健康保険は決してアンタッチャブルなものでも聖域でもありません。
正しく理解すれば、合法的な方法で削減できる可能性は高いでしょう。

マニュアルの中では、国民健康保険制度や国民年金制度の仕組み・実態に触れ、
実践可能な今すぐ使える、様々な削減ノウハウをご紹介しています。

マニュアルを読み終えたあなたは、
国民健康保険や国民年金を削減することができるはずです。

削減ができるというのであれば、それはすなわち、法律に則った上で、
あなたの国民健康保険・国民年金を、あなた自身で決めるべきではないでしょうか?


ただし、これらのノウハウを知識だけに留めていては、
国民健康保険料も国民年金も、1円たりとも削減できません。

ノウハウは実践してこそはじめて効果を発揮するのです。


我々は、道しるべを示したにすぎません。

しかしながら、サポートを通じて、
あなたを目的地まで導くガイドもさせて頂きます。


国民健康保険料や国民年金が削減できるかどうかはあなた次第です。

ぜひとも実践に移して下さい。